【POG】6/26(日) 新馬戦 注目馬 追い切りコメント

競馬
この記事は約2分で読めます。

逐次更新していきます。

【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【サンスポ.COM【www.sanspo.com】
【デイリースポーツ online】【www.daily.co.jp】

こちらもご覧ください。

土曜日の新馬戦もあわせてどうぞ。

スポンサーリンク

函館新馬 芝1200m

阪神新馬 芝1800m

ドゥラエレーデ

牡 父:ドゥラメンテ

血統的な魅力も大きいが、追い切りの動きも抜群。2週前のCWコースで6ハロン81秒1―11秒4を叩き出し、今週(6月22日)は坂路で50秒3をあっさり。身体能力の高さに加え、仕上がりのよさも目立つドゥラメンテ産駒が、素質馬のそろった一戦でデビューVを決めるか。

北村友一騎手

「動きは抜群ですし、性格もまじめです。いいメンバーのそろう中で上位争いのできる馬で挑めるのはうれしいです」

アンテロース

牡 父:モーリス

北野助手

1週前の15日は武豊騎手を背にCウッド6ハロン82秒0-11秒2で古馬2勝クラスのアルバーシャに大きく先着。

オータムクイーン

牝 父:ハーツクライ

血統表をさかのぼれば、3代母に世界的名牝フォールアスペンを持つ良血馬。デビューしたきょうだい10頭中9頭がJRAで勝ち星を挙げており、血統的にも期待は高い。

永岩助手

「すごくいい馬です。キ甲が抜けておらず、体的にも幼さがあるけど、その割にバネがある。成長力がありそうなのに、現状でも能力を感じます」

東京新馬 芝1600m

サトノヴィレ

牡 父:デクラレーションオブウォー

追い切りはウッドで6ハロン84秒3-ラスト11秒7。インペリアルコート(新馬)を大きく追走し、悠々と併入した。

鹿戸調教師

「予定通り順調にきてます。素直で真面目なところがいい」

アルヴィエンヌ

牝 父:ダイワメジャー

母が米GIII勝ちの血統馬。この日は美浦Wを併せ馬で追い切られ、6F85秒7-37秒9-11秒4をマークした。先週に続いてのWコース追いで、抜群の反応を披露し僚馬を圧倒。身のこなしにセンスの良さが感じられ、気配は非常に目立っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました