【小銭を持たない選択肢】m+ ミッレフォッリエに迫る

生活改善
この記事は約10分で読めます。

こんにちは、みーさんです。

近年技術の進歩により、人々が使うものは簡略化され、よりスマートに、スタイリッシュに変わってきました。

キャッシュレスもその一つです。
スイカなどのICカードから始まり、今ではコード決済という言葉も出てきています。

お金を持たないことはどうなのか・・・。

今回は旦那さんが普段使っている エムピウ ミッレフォッリエ を中心にコンパクト財布を紹介していきます。

スポンサーリンク

コンパクト財布とは?

近年、電子マネーの普及により現金が必要ないという方が増えてきています。

現金が必要ないのに小銭がパンパンに詰まった財布を持っていたら・・・

せっかくの一張羅がパンパンの財布でモッコリなんてスマートとは言えませんよね。

ですが、すべてのお店で電子マネーやクレジットカードが使えるわけでもないので今でも現金が必要なことも少なくありません。

そこで・・・

コンパクト財布のメリット・デメリット

ミニマリストという言葉が流行るほど、ミニマムというのは生活を快適にするキーワードではないかと思います。

いかにしてスマートに、そして機能的なものを選び身につけるかで生活の豊かさが変わってくるはずです!!

コンパクト財布のメリット
  • スマートにキマる!

コンパクト財布の一番のメリットはズバリこれ。

財布を持っていながら私服でもスーツでもスタイリッシュに着こなせる。

こんな経験はないでしょうか。

みーさん
みーさん

今日は手ぶらで出かけたいな~。
でも財布がパンパンで、ポケットにも入らないし、カバン持っていくか~。

まーさん持ってね~。よろ~。

まーさん
まーさん

やれやれ。荷物を持たされなかった試しがない・・・。

こんなときもコンパクトな財布ならカバンが必要ありません
また、カバン無しでもかさばらない。
どんな服装にも溶け込みます!

  • 機能性に優れているものが多い

コンパクト財布について勘違いされがちなのは、

みーさん
みーさん

コンパクトを追求しすぎて機能性が悪そうだな

このように思う人は多いと思います。

しかし、コンパクト財布で優れている商品は、どれも使い手のことを考えこんで作っているのです。

まーさんはよくこんなことを言っています。

まーさん
まーさん

この財布は小さいけど、使い勝手に工夫があるんだ

この財布の使いやすいポイントはまたあとで・・・

コンパクト財布なんて言うと、小さい使いずらそうだなと感じる人も多いかもしれません。しかし、どのコンパクト財布も小さくする努力機能性の追求の均衡がとれていると思います。

  • 必要な現金を制限してくれる

突然ですが・・・

あなたは今から無人島に行きます。
何でも持って行っていいですよ。
しかし、持っていけるバッグは小さいリュックサック一つだけです。

そんな場面になったらあなたの思考はこうなるはずです。

”必要なものを厳選してみよう”

無人島で本当に使えるものを厳選するはずです。

コンパクト財布も一緒で、あえて入れられるものを制限できます。

みーさん
みーさん

なんで厳選しなくちゃいけないのよ・・・

まーさん
まーさん

財布に入っているものは気持ちの余裕につながります。
金額が大きければ大きいほど、物事に対応できる余裕が出てくるのです。
でも、使わないものを日々無駄に持ち歩くのはナンセンスではないでしょうか。

大切なのは必要最低限を持ち歩く習慣です。

普段必要のないもの、例えば年に何回か行く病院の診察券やたまに行くお店のポイントカードなどなど
必要のないものを入れるスペースさえなければあなたの財布はかなり軽くなるはずです。

そして、想定外の支出も減るでしょう。

現金少々、クレジットカード、免許証など必要最低限を持ち歩きましょう。

まーさん
まーさん

さぁ、メリットだけではない。しっかりデメリットも見てみよう!

もちろん、メリットがあればデメリットもあります。

コンパクト財布のデメリット
  • 小さいが故のデメリット

入れたいもの全てが入るわけではないことですね。
これはメリットとの表裏一体の側面と言えるでしょう。

例えば、小銭が必要になることありますよね。
まーさんも職場で集金があるとき、たいてい100円か200円であることが多いです。
他にも、自動販売機で何か買おうとしたら、ICカードの使えない自動販売機だった!なんてこともあります。
キャッシュレス化進むの世の中でも小銭が必要なタイミングは沢山あります。

他にも同じようなことは沢山あると思いますが、すべてをコンパクト財布で対応することは難しいかもしれません。


ここまで、コンパクト財布のメリット・デメリットを見てきました。
それでは実際にエムピウの財布を見ていきましょう。


エムピウの財布

そもそも エムピウ なんて聞いたことがないよ。そんな人も多いかもしれません。私も旦那に教えてもらってはじめて知ったブランドです。
エムピウについて簡単に学んでみましょう。

エムピウとは

エムピウは2001年に村上雄一郎氏が立ち上げたブランドです。
村上の m に + を付け「作り手+誰か」によって商品が完成するという思いでつけられた名前です。 なんかロマンチックですね☆彡

エムピウの製品

エムピウではカバン、ポーチ、財布、ケース、ベルト、名刺入れなど様々な革製品を取り揃えています。

そしてエムピウの革製品は エイジング を楽しめるのです!
” 作り手 + 誰か ” によって作り上げる。つまり購入した時点では完成していないのです。使い続けることで作られ続け、使い終わるときこそ 完成 ということです。

やっぱりロマンチック!!

そんなエムピウの中でも最大のヒット作、それが今回紹介する ミッレフォッリエです。

ミッレフォッリエの魅力

さてミッレフォッリエの魅力に迫っていきましょう。

トランクのようなスタイル

ミッレフォッリエ
まるでトランクケース

この画像は millefoglieⅡ P25 ブッテーロ です。

まずは見た目でしょう。

とてもスタイリッシュな感じですね。

しかも、ただ折っているだけではなく、キボシで止められる構造になっています。
おしゃれな洋画に出てきそうなトランクのようです。

そしてここで使われている革、ブッテーロはハリとコシがあり、経年変化も非常に綺麗に艶が出てくる素敵な革ブランドです。
イタリアの染色技術で色付けされているので、非常に綺麗な色が出ています。
とてもいい色ですよね。スマートさ、かっこよさを感じます。
ここからエイジングでどんな色になっていくのか・・・楽しみです!

”小銭も”入る

色味
落ち着いた色味が好みです

こちらが中の様子です。色は見やすいように明るい色に変えています。

みーさん
みーさん

小銭入れあるんだ!

そうなんです!
旦那まーさんがイチ押しする理由はこれ。
小さいけど、小銭も入る。メリットとデメリットの間をとったような設計です。

厚み 25mm

薄い
薄い!

何も入っていない状態

商品名 P25 というのは厚さが25mmということ。
公式サイトには”お札10枚・コイン大小15枚・カード類15枚程度”入ると書いてありました。

1万990円+カード9枚を入れてみる

今回は、1000円×10枚 小銭990円 カード9枚を入れてみます。

1000円×10枚 990円 + カード9枚を入れてみる

厚み

厚みは+5mmほどでしょうか

厚み
少し厚みが増したか・・・

若干厚みが増しています。

お札、小銭、カード類すべてを入れるとやはりパンパンになってしまいます。

あくまでコンパクト財布という位置づけになるので多くのお金を持ち歩くのには適していません。

しかしながら、普段からこれだけ持ち歩けるなら十分でしょう。

使い勝手は?

すぐに使えるカード

まず、開けるとすぐにカードにアクセスできます。
よく使うクレジットカードやポイントカードなどを入れておくと、現金より先にアクセスできます!

非常に便利です!!

カード入れ
すぐに出せる!カード入れ

小銭

小銭999円
小銭999円

紙幣10枚
紙幣10枚

お札は扱いやすいです。

コンパクト財布だと、折りたたんで入れなければならないものもありますが、
エムピウの財布では、そのまま入れることができます。

お札に折り目を付けることなくいれておけます。

小銭入れはどうでしょう。

今回は990円、全部で15枚を入れています。

わたしは下手な長財布なんかより視認性が高いと思いますが、どうでしょうか。
990円でこれなので、もっと少なければもっと扱いやすくなります。

まーさん
まーさん

札 → 小銭 が一直線で並んでいてスムーズに使えるんだ。

小銭入れがチャックじゃないから動作が増えることもない。

普通に開くと小銭入れまでアクセスできるよ!

まーさんはいつも、「これは一度使ってみてほしい」と言っていますね。

カード入れ

仕切りは薄い

視認性×

上からだと視認性が少し悪いかもしれません。

しかし、入れるカードを9枚にするなど制限を加えることでどこに何があるかは日常使いで慣れていくと思います。

旦那は、ポイントカード、金融系、身分証系の3つにポケットを分けているみたいです。

オマケ 小銭を持たないために

我が家では小銭が出たら、帰宅後すぐに貯金するようにしています。

小銭貯金
小銭貯金

ここに今いくらあるかは分かりませんが、将来旅行にでも行けたらな・・・と夢見ています。

みなさんも小銭を貯金してみませんか?


 

ここまでミッレフォッリエの魅力に迫ってきました。

コンパクトでありながら、容量も普段使いには十分。
キャッシュレス決済メインの人には余ってしまうほどだと思います。

ここからは、革のエイジングについて書いていきます。

 

エイジング

エムピウの製品は前記の通り「作り手+だれか」によって作られていきます。

革には経年変化(エイジング)があります。

酸化による色の変化、手の油分が吸収されたり、紫外線による刺激が革を変化させていくのです。

これらが日に日に積み重なって革製品をコーティングします。
結果的には、独特なツヤが生まれてくるのです。

まーさんは、この財布を使い始めてから約1年です。

元々の画像をお持ちできないのは申し訳ありません。

ミッレフォッリエは使っていくうちにどんどん柔らかくなっていきます

最初はキボシを止めることも少し苦労したようですが、今ではスムーズにできるようになっています。

革に傷がつくのもエイジングの楽しみです。
傷がついても、再び経年変化によって傷が目立たなくなってきます。

まるで人が怪我した時のようですね。
まさに生き物そのものです。

鮮やかな青が出てきました。
これで1年。

これからもエイジングを楽しみたいと思います。

まとめ

今回はエムピウ ミッレフォッリエについて紹介してきました。

今後ますますキャッシュレスの波は大きくなっていくと思います。

あなたの重たい財布を、小さく・スマートに変えるチャンスです!

ぜひミッレフォッリエを検討してみてください。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました