#5 穴馬で狙う、ステイヤーズS

競馬
この記事は約5分で読めます。

今週はダートG1。
ダートはまだまだ勉強不足なので見。

芝でレースを探したが、出走頭数の揃ってるレースが少ない。
今週は休もうかとも思ったが、来週仕事の都合で競馬できないという状況になることが判明。
今週勝負するしかない。

そして

芝重賞の中で最長レースを選んだ。
昨年の勝ち馬で1番人気間違いなしのオセアグレイトが緊急回避。
とても面白そう。
最後までお付き合い頼む。

まーさん

1週間に1レース勝負レースを決めて予想を投稿していきます。
資金は週500円。
500円でプラス収支を目指します。
ツイッターもよろしくお願いします。

みーさんをフォローする
スポンサーリンク

◎ ディバインフォース

一撃を狙う穴馬、ディバインフォース

さっそくだが、今回のレースで軸馬が不在。
なら穴を狙いたい。

中山巧者 0-2-1-1
まだ勝ちこそないが中山での安定感はかなり頼もしい。

なにより全て2500mのレースでスローペース。
後方から3角で捲り気味に上がっていってしっかり差し切っている。

唯一掲示板外に飛んだグッドラックハンデ(1番人気)では横山典弘ジョッキーの後方ポツン。
捲りがワンテンポ遅く、差し切れなかった。

今回は前で行く馬もかなり接戦。
完璧な軸馬も怪しいので、人気薄の台頭があってもおかしくない。

相手

相手が難しい。
どんぐりの背比べだ。

こちらは当日の状態を見て決めたいと思う。
順番はこの順。

カウディーリョ

トーラスジェミニに泣かされ続けた馬。
必ず前にはトーラスジェミニ(笑)

近2走は距離を伸ばして正解。
単純に北海道のような小回りが合うのかもしれない。

今回はかなりある。
先行できるだけで強いし、前走丹頂Sは直線で差されそうになりながら更に伸びた。

「先行力と粘り強さ」

シルバーソニック

かなり地力は高く、持久力は高そう。
先行して粘っているレースは多く、今回も十分戦える。

松籟ステークスでは完全前残りの展開にもかかわらず、直線はジリジリ伸びて3着。
これは評価できる内容だった。

今年は2400m以上では連帯を外していない安定感もある。
人気がないのなら十分狙っていきたい。

「大外でじっくり、捲りに期待」

アイアンバローズ

瞬発力より持久タイプ。
直線は速い脚は使えないが、スピードを落とさずじわじわと伸びているのはこのレースに向きそうである。

京都大賞典は相手が強かった。
プラスして休養明け+18㎏は太かった。
前走勝ち馬オーソリティはJC2着。
前走も良い内容とは言えないが、直線は狭くなって最後はブレーキがかかっているように見える。

3コーナーからの下り坂でペースが上がっていくロンスパ戦なら持ち味を生かして前進もある。

この馬はパドック見て少し考えたい。
馬体重も要チェック。

ゴースト

丹頂S組。

札幌での好走が目立つのはねらい目か。
直線が長いコースは向かない。
初の中山になるがそこそこ走れそうではある。

昨年のレース札幌日刊スポーツ杯(ルメール騎乗)では3角から動いて制している。
それを見る限り、かなり促されてようやくエンジン掛かってきたかなという感じ。
スローからのギアチェンジがうまくいくかが不安。

☆セダブリランテス

半弟にゴリゴリステイヤーのモンドインテロがいる血統。
見逃せない。
今までの最長は2500m、3着。

好位につけていける馬である。
ただスピードについていけるか疑問。
オールカマーもスタートはそこそこだったが、いつの間にか中団後方。
3角でペースが上がってからもついていけず。

内枠ならと思ったが、外枠で展開待ちになる。

「血統だけ」だけど、人気ないなら馬券も。

買い目はツイッターで報告します。

まーさん

1週間に1レース勝負レースを決めて予想を投稿していきます。
資金は週500円。
500円でプラス収支を目指します。
ツイッターもよろしくお願いします。

みーさんをフォローする

展開

今回は超ロングランになる。
ペースは確実に落ち着いて、超スロー。
前が有利になっていくのは例年通り。

狙うべきはやはり「前」。
かつ、スローペースで3角からの下り坂は激しい攻防になるに違いない。

3000m近く走ってきてペースが上がって、更に急坂が待ち受ける直線。
ハラハラドキドキが4分近く続くなんて。
楽しい週末を迎えたい。

他馬の評価

アスティ

必ずと言っていい。
後方から。
確実に展開待ちになる。

ステイヤーズステークスは前が止まりにくい。
後方から行って差し切る力はあるか。いや、ない。

3走前、函館競馬場での横津岳特別は3コーナーから一気のまくり。
コーナーで一気に上がっていった。
あれはたまたまそうなっただけ。
今回は相手も悪いし、好走にはつながらない。

消し。

アドマイヤアルバ

近走はスタートでジョッキーが促していたがあまりダッシュが付かない。

オールカマーは後ろからになったが、直線は内を伸びてはいた。
スローだったし、後ろの馬は伸びるのが当然か。

前走は、意外と後方からでもやれると思ったのか、スタートで出ていかず後方からの競馬に。
直線のスパートもあまり迫力はなく、スピードを維持するので精一杯。

ジョッキーからの指示に反応が悪いのか、単純に加速力がないのか。
今回はロンスパ戦になるだろうしコーナーで動いていける馬を選びたい。

消し。

ヴァルコス

適性はこの距離ではない。

消し。

トーセンカンビーナ

最後方一気の馬。

最近の成績は奮わず、掲示板も入れない馬だ。
全弟にマイルから1800mを得意とするファルコニア。
短距離タイプの馬かと思いきや、阪神大賞典2着の成績を残している。

直線の脚は上り3位以内を使うことが多いが、直線までで動けない感じ。
道中のコーナーでもっと上がっていける馬を選びたい。

消し。

ボスジラ

脚質は先行タイプで狙っていきたいが、前走の逃げはなんだったのか。

札幌・函館での好走が目立つように小回りが得意そう。
だが、最後の直線、急坂までスタミナが持つようには見れなかった。

だったらカウディーリョを買う。

消し。

バレリオ

丹頂Sの2着は内が開いたところをうまくすくった。
今回も内枠で一考の価値はありそう。

近走はかわいそうなところもあり、マイルに中距離様々だ。

うまく先行or逃げの手に回れば一発ありそうだが、今回は先行馬に有力馬が多く、揉まれて後退しそう。

消し。

マンオブスピリット

結果は出ていないが、血統的にもマイルから2000mまでだろう。

ここで走ってきたら、もうお手上げだな。

消し。

コメント

タイトルとURLをコピーしました