飼い猫に潜む寄生虫【瓜実条虫】害虫撲滅法!

カテゴリー
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、みーさんです。

今回は、猫に潜む寄生虫について詳しくお話していきたいと思います。猫を飼っている方はもちろん、家に潜む害虫駆除にも繋がる情報満載なので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

スポンサーリンク

寄生虫とは

寄生虫とは、人間はもちろん、多くの動物の身体に寄生する虫のことを指します。体外に寄生する外部寄生虫と、体内に寄生する内部寄生虫があります。

寄生虫は、ペットを通して人間へ感染することもあるので注意が必要です。今回は主に内部寄生虫についてお話していきます。

猫の回虫症

みーさんの飼い猫ぐーちゃんは、まだ1歳ですが、回虫症にかかっていました。瓜実条虫(サナダ虫)が、消化器官に寄生してしまう病気です。

瓜実条虫

猫や犬によく見られる寄生虫です。ノミの成虫をグルーミング(毛づくろい)によって食べてしまうことにより感染します。初めのうちは、ほとんど無症状なため、気が付くことがありません。ですが、おなかの中で切り離された虫の胴体が、排泄物と共に体外へ出てきます。なので、排泄物をよく見ると便の表面で片節が動いていることに気が付く飼い主も多いです。その他にも、しきりにペットがおなか周りや、肛門付近を気にして舐めたりすることがあれば注意が必要です。重症化してしまうと、下痢や、嘔吐などを引き起こしてしまうことがあるので、できるだけ早く気付いてあげることが大切です。

人間への感染

人間への感染経路は、ほとんどが卵の飲み込みにより感染します。ペットと触れ合ったり、排泄物の掃除を行った際に手などに付着して飲み込んでしまうことや、食事とともに口にして感染することがあります。その他にも、皮膚から侵入して感染してしまうこともあります。対策としては、こまめな手洗いと清掃が大切です。

実際の症状

まず、みーさんがこの病気に気が付くまでには、かなり時間がかかりました。初めに気が付いた症状は、アレルギーによる脱毛です。ある日、ぐーちゃんの目の上が薄くハゲ始めました。しばらくすると、脱毛だけでなく、赤みも出始めたので心配になり病院へ連れていきました。

その時の写真がこちらです。

毛がぬけて、皮膚があかくなり、爪でひっかいた跡があります。先生には、アレルギー症状で痒みを起こしたことによる脱毛だと診断されました。

目の上には、塗り薬を使用することが出来ないので、内服薬のステロイドを処方して貰いました。

薬による治療でアレルギー症状も治まり、脱毛も見られなくなりました。赤みも引き、完全に毛が生えそろったので、薬をやめ治療が完全に終わりました。

ですが、数日たつと、また同じ所が赤くなってしまいました。

アレルギー症状が出てしまう原因は何だろうと考え、みーさんは色々と調べました。一番猫の皮膚症状に出やすいのがノミやダニでした。完全室内飼いなので、それはあまり考えられないと思っていました。ですが、最近掃除をするときにずっと気になっていたことがあります。それは猫の寝床によく落ちていた茶色いゴマ粒のようなものです。

ずっと猫の皮脂や、角栓かなんかだろうと思い込んでいました。ですが、あまりにも数が多いのでおかしいと思い調べて見ることにしました。

茶色いゴマの正体

これが実際に猫のベッドに落ちていたものです。よく見ると、直径約3mm程度の米粒型の粒が沢山落ちています。

これ実は、瓜実条虫の片節が時間が経って茶色くなったものなんです。先ほど瓜実条虫についてお話しましたが、猫の肛門から出た白い片節がこのようにあちこちに落ちてしまいます。特に猫がよく居るベッドに落ちていることが多いので飼い主さんは掃除の際によく注意してみて下さい。

この茶色いゴマ粒をジップロックに入れて診察の時に一緒に持っていきました。すると案の定瓜実条虫だと言われました。ぐーちゃんのおしりをよく見ると白い粒が付いていました。先生もそれをみて確信したみたいです。

すぐに寄生虫を駆除するお薬をしてもらいました。首の後ろの毛をかきわけ、皮膚に直接塗りました。

塗り終えた後はこのように濡れています。猫が舐めてしまわないように気を付けるよう言われました。飼い主も濡れた部分に触れることなく乾くのを待つようにして下さい。2~3日はお風呂やシャワーに入れるのは避けるようにして下さい。一日経つと、濡れていた部分は完全に乾いていました。

薬について

ブロードライン

今回使用したお薬なブロードラインというものです。こちらのお薬は、ノミやダニに加え、お腹の中の虫にも効きます。成虫だけでなく、幼虫や、卵にも効くので、回虫症にかかってしまった場合におすすめです。

使用方法は、薬液の入ったシリンジを押し当てて皮膚に直接塗りこむだけです。この薬液が、皮膚から浸透して全身に巡り、虫を殺していきます。効果は、投与してから1か月間持続します。この期間にもし猫に新たな虫がついたとしても、虫たちは死んでしまうので生き延びることも繁殖することもできなくなります。ブロードラインは、要指示医薬品です。お医者さんしか処方することが出来ないので、必ず処方指示を貰ってから使用するようにして下さい。

ブロードライン【猫専用】フィラリア症予防・ノミ・マダニ、お腹の虫の駆除薬|ノミダニフィラリア.com (n-d-f.com)

フロントライン

似たお薬で、フロントラインというものがあります。こちらもノミやマダニの駆除薬として効果があります。フロントラインは、ブロードラインと違って誰でも一般に購入することができます。ブロードラインのように幅広い虫や、回虫には対応していませんが、普段からの虫予防として使用しておくのにおすすめします。お腹に寄生してしまう虫も、普段からノミやダニが身体についていなければ、飲み込む心配がないので、フロントラインを使用することは、根本的な予防に繋がります。ぜひ飼い猫ちゃんに使ってあげて下さい。


原因

そもそも、完全室内飼いなのにどうして寄生虫がついてしまったのか不思議でした。ですが、よく考えてみると思い当たる節はいくつかあります。まず、一度だけ脱走してしまったことがありました。当時は、外傷もなく食欲もあり元気だったため、何ともないと診断され、安心していました。ですが、この時にもしかしたらノミを口にしてしまっていた可能性があります。その他にも、ぐーちゃんは保護猫なので、もともと野良でした。なので拾われた時点ですでに感染していた可能性もあります。瓜実条虫は、ほとんど無症状なため、気づくことが出来ませんでした。

ぐーちゃんの場合この2つが一番原因としては怪しいですが、寄生虫は、完全室内飼いの場合でも注意しなければなりません。

まず、人間が外出から帰ってきた際に衣服に付着したノミなどを持ち込んでしまうことがあります。その他にも、夏場などに窓を開けておくと、網戸をしていてもノミやダニは小さいため入り込んでしまいます。なので注意が必要です。

対策

普段から行うこと

まずは、虫を持ち込まないようにすることが大切です。外出から帰ってきた際は、ノミやダニを払い落としてから家に入ることを心がけてください。

また、こまめな掃除も大切です。部屋の隅々まできちんと毎日掃除機をかけることで、虫の繁殖は抑えることが出来ます。ベッド周りや、カーペットは入念に掃除するようにして下さい。

予防薬

とにかく虫を猫の身体につけないことが大切です。なので、1~2月に1回は、薬用シャンプーでお風呂に入れることをおすすめします。清潔にすることで、他の病気にもかかりにくくなります。また、保護猫ちゃんの場合は、無症状でもぐーちゃんのようにすでに感染してしまっている場合があるので、駆除薬を投与することをおすすめします。


ノミ撲滅

ノミを撲滅するために、みーさんは家中大掃除をしました。その時に気を付けたのは、虫を潰さないことです。虫や、片節には、卵が含まれていることがあるので、潰してしまうと卵が飛び散ってしまい、繁殖を増やしてしまいます。なので気を付けてください。ノミが死滅する温度は60度以上です。なので、寝具類や、タオルなどの洗えるものは、洗濯をして乾燥機にかけることをおすすめします。乾燥機は、熱風で一気に乾かすので、ノミやダニは生き延びることが出来ません。また、昔からお布団を天日干しすることがよくありますが、これも、効果的だと思います。そのほかにも、ハイターを水で薄めたハイター水を使って、床や、棚なども拭き掃除を行いました、かなり労力を使いましたが、幼虫や、卵が残っていると、繁殖してしまう可能性があるので、徹底的に掃除を行いました。

バルサンを焚く

みーさんの家は、猫が普段いるスペースと人間が過ごすスペースを分けています。なので、猫部屋にバルサンを焚くことにしました。ペットを飼っている場合部屋にバルサンを焚いてしまうと留守にしなければならないので大変ですが、猫部屋のみなので、猫を移動させて焚きました。

これは、人のベッドでくつろいでいるぐーちゃんです。(笑)このまま2時間ほど待機していました。

バルサンが終了したらしっかりと換気をするようにして下さい。1時間程度換気をした後に、ノミなどの死骸を除去するために掃除機をかけます。みーさんは、同時に拭き掃除も行いました。このように、定期的に大掃除をすることはノミなどの撲滅に繋がるので、中々やる気は起きませんが、ペットのためにも頑張りましょう!


おすすめ商品

掃除の後は、予防が大切です。みーさんは、カーペットや、寝具類などには、スプレータイプの防虫剤をかけました。また、猫部屋や、窓の近くには、ダニコナーズなどの置き型タイプを置くようにしました。実際に使用しているのがこちらです。

スプレーはハーブの香りなので、かけた直後でもそれほど気になることなく過ごせます。ソファーやぬいぐるみなどの洗えないものにも使用できるのでとても便利です!また、置き型タイプは、中身が出ないように蓋にロックがかかっているので、ペットや小さな子供がいる家庭でも使いやすいと思います。中身はビーズ状なので、液漏れなどの心配もありません。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キンチョー ダニコナーズ ビーズタイプ 60日 無臭性
価格:548円(税込、送料別) (2021/9/7時点)


まとめ

室内飼いだから大丈夫だと思っていても感染してしまう可能性のある回虫症です。大切なペットのためにもできる予防は普段から行うようにしましょう!ぐーちゃんは、脱毛はなくなったものの、まだ痒みが出てしまっているので、引き続きステロイド薬を飲み続けて治療しています。はやく元気になれるようにがんばります!

今回の記事を見て、少しでも回虫症のことや、猫ちゃんのことに興味をもち、病気を防げる飼い主さんが増えてくれると良いなと思います。

久しぶりの記事になりましたが、引き続き更新できるように頑張りたいと思います。

それでは、おやすみーさん。

こちらの記事もおすすめです!

コメント

  1. […] カテゴリー 【固定費削減】楽天モバイルに乗り換えよう カテゴリー 飼い猫に潜む寄生虫【瓜実条虫】害虫撲滅法! カテゴリー 見た目で選んだ炊飯器「STAN.」 生活改善 […]

タイトルとURLをコピーしました