【固定費削減】楽天モバイルに乗り換えよう

カテゴリー
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、みーさんです。

新しい生活が始まると、生活の全体を把握するのがすごく大変になります。結婚生活を始めて色々なことを日々勉強していますが、お金のことが1番難しい。

“義務教育にお金の授業を取り入れてくれー”って切実に思っています。
子供ができて、小学生になる頃には制度化されているかな?
なかったらなかったで私がビッチリ教えこみますが。

話はそれましたが、生活費、特に固定費を削減することでかなりのお金が浮くことを色々なコンテンツで学びました。でも見直すのってすごく大変なんですよね。私も家計簿をつけていますが、最近サボり気味。ブログの前に家計簿つけろって旦那に言われそうです。

今回はそんな固定費の中で特に割合の高い通信費について改善案を提案します。

スポンサーリンク

携帯会社を乗り換えよう

私はずっとauユーザーでした。理由は簡単、家族がauだったからです。特にダメだとも思わず、使い続けてきました。ところが近頃、電波の入りが非常に悪い現象が頻発するようになりました。普通に屋外なのに『圏外』という致命的な現象です。しかも、これが格安simとかならまだ納得出来たと思います。私は月額1万円をauにつぎ込み、そのリターンは圏外地獄。

このまま使い続けても高額な料金を搾取されるだけだなと思っていましたが、乗り換えも手続きも面倒そうだしと敬遠していました。

しかし、救世主まーさん降臨。

まーさん
まーさん

さっさとauやめて搾取されるのやめようよ。

みーさん
みーさん

でも、手続きとかめんどくさそ~。

半年前に楽天に乗り換えていたまーさんは元々auユーザー。

私は手取り足取り、まーさんの言う通りに進めていき、ついにauを脱出しました。

私が乗り換えた先は、そう楽天モバイル!

楽天モバイルとは

楽天モバイル!と米倉涼子さんが叫んでいるCMご存知ですよね。かなりインパクトのあるCMですが、この楽天モバイルが通信業界に与えた影響は本当に大きかったです。

市場価格破壊

今年3月から大手キャリア3社が順次開始される新プランを発表したことはご存じでしょうか。

  • docomo ahamo
  • au povo
  • softbank LINEMO

大手3キャリアがこぞって低価格の新プランを開始し始めます。これはまさしく楽天モバイルの価格破壊があったからなのです。

これがMNOの料金プランの比較です。各社楽天モバイルに対抗する形で料金を引き下げました。

どのキャリアでも料金がそろってしまうのが面白いところですね。
価格競争というより、しょうがなく下げているという感じでしょうか。

ここで豆知識

MVNO


MVNOというのは、docomoで言うならmineo、auで言うならUQモバイル、ソフトバンクならY!mobileというようにサブブランドのことを指します。これらは自社の回線を持たず、親会社から回線を借りる形をとっています。なのでこちらもMNOと比べると料金が安く設定されていますが、お昼時や夕方ごろなどの混雑時にはMNOに速度を優遇するなどのデメリットがあります

楽天モバイルってどうなの?

楽天モバイルは楽天傘下のグループ企業で2018年に設立された、まさに新参者です。

携帯電話サービスを行うau、docomo、softbankに並ぶ『第4のキャリア』として期待されています。そしてついに昨年3月、4月8日より単一プランでのMNOサービス『楽天モバイル』を開始することが発表されました。

この単一プランが、楽天 UN-LIMIT 2.0 でデータ使い放題、月額2,980円という破格の安さ。ただ、楽天モバイルはMVNOからMNOに変わったばかりで、基地局はまだまだ建設段階。東京や大阪など首都圏に近い地域のごく1部のみしか使えませんでした。

あら、田舎にないなら使えないじゃないの

安心してください。それでも集客するために行ったのが、携帯料金1年間タダ。さらに、カバー出来ていない都市部以外の地域はauとのパートナー回線で月5Gの制限付きで使えるようになりました。

1年間タダですよ・・・

私なら、機種代が3,000円くらいなので、月7,000円、年間で8万円ほど節約できることになります。ヤバすぎぃ!!

新料金の発表

その後、楽天 UN-LIMIT 2.0は5Gに対応し楽天 UN-LIMIT Vとなりましたが、大手キャリアが新低価格料金プランを出したことで楽天モバイルからもさらに安くなる新料金プラン UN-LIMIT VI が発表されました。

楽天の価格破壊、そこについてきた大手キャリア、それをさらに突き放す楽天モバイルの新料金。必見です!!

月1Gまでなら0円の衝撃

20G、1980円でも競合他者には負けない強気の価格設定ですが、1番魅力的なのは月0円ですよね。7,000円も払っていたのがずーーーーーっと0円。10年で80万円です。

もしこの価格で、普通に今まで通り携帯を使うことができるのなら、まさに革新的な新プランです。

でもここで1つ、

1Gじゃやっていけないよぉ。

たしかにその通りですね。今や YouTube や tiktok など人気サイトでは画像や動画といったコンテンツが使われます。文字のみと違い、画像や動画はそれだけで大きな容量になってしまい、普通に1か月楽しんだら20Gあっても足りない人もざらにいるはずです。

月の使用量を1Gで抑えるには

月1Gで過ごす方法は本を読むこと。なんて言われても、今の時代楽しいコンテンツは動画でしょ!!そんなの無理~~

という人がほとんどだと思います。

でも、少しだけ速度を我慢すれば0Gで使えると聞いたらあなたはどうでしょうか。

楽天モバイルdocomoausoftbank
970kbit128kbit128kbit128kbit

この表は大手3キャリアの通信制限時の速度と楽天モバイルのセルフ通信制限時における速さの比較です。

楽天モバイルは実際に私のスマホで計った値、大手3キャリアは公表している値です。その差は7.5倍。それでも確かに遅いには遅いです。

楽天モバイル(au回線)、データ高速モード時とセルフ通信制限時の比較

楽天モバイル通常の使用なら9.9Mbitなので通常の約1/10ほどの速度ということですね。

これでも、YouTube は見れます。インスタグラムのストーリー見れます。

少しだけ読み込みに時間がかかる、そのストレスさえ乗り切れば、年間8万円節約です。

少しの我慢で、これだけ節約できれば家計も安心。そのお金で何か別のことをやりましょう。

※ここでひとつ注意ですが、私はauのパートナー回線です。これが楽天モバイル基地局の範囲内だとどうなるのか、ここは検証できていないので実際に範囲が拡大されてみないと分かりません。でも基地局の建設もまだまだ時間がかかりそうですし、今は乗り換えのチャンスですよ!

楽天モバイルの微妙なところ

楽天モバイルは料金が安い!
でも、今後楽天モバイルは解消しなければならない問題がいくつかあります。

  • プラチナバンドの割り当て
    楽天モバイルはプラチナバンドを持っていません。
    プラチナバンドとは700MHz帯~900MHz帯の低い周波数のことで、より電波が回り込みやすく屋内でもつながりやすいとされています。
    大手3キャリアはもちろんプラチナバンドを国から割り当てられていますが、楽天モバイルは今現在LTEは1.7GHz帯の40MHz幅のみとなっています。
    屋内でつながらない携帯に用はないというところですね。
  • 基地局建設はこの後どうなるか
    今急ピッチで基地局を建てまくっています。いつになったら全国をカバーできるのか。その品質はどうか。ここについてはまだまだ分からないところです。
    大手キャリアは何年もそのサービスをやっているという経験がありますが、楽天モバイルには歴史がない。そこが一番の懸念材料でしょう。
    ”プラチナバンドが割り当てられれば”品質はそれなりになるとみーさんは考えています。

楽天モバイルについて、まとめましたが、料金だけでは正直決めきれないような内容ですね。ここは期待して乗り換えるか、もう少し様子を見るか、あとは個人の考え方次第でしょう。

やはりプラチナバンド帯の周波数がないのは痛いところです。楽天モバイル圏に入った瞬間電波がつながらなくなるなんてことも起きるかもしれません。

各キャリアとの料金の比較

ここまで楽天モバイルについて分かった上でもう一度MNO料金表を見てみましょう。

MNO携帯電話会社の低価格料金の比較です。

大手キャリアは安くても3,000円というところ、
楽天は低用量のニーズにこたえる形で価格を実現していると言えますね。

あとは先ほどの懸念材料、電波の割り当てが今後のカギを握りそうです。

総務省!頑張ってくれ~~~。

ここまで楽天モバイルを推してきましたが、楽天モバイルにしない人も、それぞれのキャリアで低価格プランが登場しています。これを活用しない手はないでしょう。
固定費の中でも割合の大きい通信費を抑えることさえできれば、生活の豊かさは変わっていくはずです。

今がチャンスです!!!

まとめ

今後楽天モバイルの基地局建設と合わせて、サービスがどうなっていくのか、期待とやや不安もありますが、まずは1年間無料を試してみる価値はあります!

とりあえず1年間楽天モバイルを使ってみて、それから考えるでもいいと思います。

まずは携帯電話料金見直してみましょう。何回も言うようですが、行動するなら今がチャンスです(確実に)。

迷っている暇はありません期限は4月7日まで。それまでに契約して1年間無料を勝ち取りましょう。

楽天モバイル 申し込みへ

それではおやすみーさん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました